弁護士費用

次の分野の弁護士費用につきましては、取扱分野を選んで弁護士費用をご覧ください。

その他の弁護士費用

法律相談

法律相談料は、1時間ごとに1万1000円となります。

訴訟事件・調停・交渉等

訴訟事件・調停・交渉等は、経済的利益を基準として原則として次の表に基づいて着手金と報酬金を算定します。原則として、着手金は事件の依頼時に、報酬金は事件の解決時にお支払いただきます。案件ごとに経済的利益を算定します。

経済的利益着手金報酬金
300万円以下の場合11%(最低額は11万)16.5%
300万円超3000万円以下の場合8.8%+6万6000円13.2%+9万9000円
3000万円超1億円以下の場合5.5%+105万6000円11%+75万9000円
1億円超3億円以下の場合3.3%+325万6000円6.6%+515万9000円
3億円を超える場合2.2%+655万6000円4.4%+1175万9000円

タイムチャージ

タイムチャージにより事件をお引き受けした場合の弁護士費用は、1時間あたり3万3000円から5万5000円となります。


虎ノ門パートナーズ法律事務所の特徴

経験に裏打ちされた

解決力

虎ノ門パートナーズ法律事務所に所属する弁護士はいずれも15年以上の経験を有しています。また、案件の内容に応じて、複合的な視点で検討できるように、複数で対応することを原則としています。

専門家集団による

総合力

不動産鑑定士、税理士、公認会計士、社会保険労務士等とLLPを組成して高度に連携しています。同一フロアに各専門家の事務所があるため、緊密に疎通を図ることができ、案件に応じて必要な専門家と連携して対応することもできます。

取扱業務に応じた

専門性

虎ノ門パートナーズ法律事務所に所属する弁護士には銀行での実務経験及び社会保険労務士としての業務経験を有する弁護士や公認会計士としての業務経験を有する弁護士が所属しています。また、業務を通じて日々研鑽をしています。

費用・方針の事前説明

安心の料金体系

ご依頼をいただく前に原則として方針及び弁護士費用を記載した方針書を作成します。ご依頼をいただく前の段階から十分にコミュニケーションを図り、方針及び弁護士費用を確認のうえご依頼いただいております。